自己紹介

柴田星子プロフィール写真

助産師/看護師 柴田 星子

福岡在住。助産師・看護師として、未熟児室、小児心臓手術後のICUなどで10年勤務。助産師として女性の体の事をもっと知りたいと思い、整体の勉強を始めた時に妊娠。体を整えながらの妊娠生活が、それ以前に5ヶ月で流産した時と比べて、とても体が楽で、心地よかったことに衝撃を受け、このことを女性に広めたいと思うようになる。

2011年 長女を出産後、セルフケア整体の指導を始める。

2013年4月~2014年8月まで福岡天神大丸のマミーカンガルークラブで講師を務める。この時の講座が人気となり、全国から講座依頼が来るようになる。2013年〜2018年までの受講者は延べ3000人。

2014年 次女の出産を機にテキスト「産後1ヶ月リハビリBOOK」を作成。その後要望に応え「妊婦さんのお腹の張り対策BOOK~妊婦生活をより快適にする方法~」「子どもの病気のみかた 初級編」「赤ちゃんを育てる時に知っておきたいこと」を作成。2018年までに5000冊販売する。

2017年8月 この知識をさらに広めるため(株)あったかい手設立。

2018年より じょさんし大学の講師をつとめる。

2019年 ベビーウェアリングコンシェルジュ取得。


活動への想い

信じる力が女の世界を変える

「人は、生まれた時から「生きる力」が備わっています。女性であれば、妊娠し、出産し、子育てしていく力があります。

ですが、便利な世の中になり、体を動かさなくても生活できるようになり、一日中パソコンやスマホを見る生活、夜更かしが当たり前、不調になったらすぐ薬。

そんな生活が、知らないうちに「生きる力」や「治る力」「産む力」を弱くしてしまっているのが現代の特徴です。

元気な子どもを産み、元気に育てたいと思ったら、子どもを守りたいと思ったら、体の仕組みを知る必要があります。

ほんのちょっとの違いです。寝る時間を1時間変えるだけで体は変わっていく。妊婦らしい生活に変えるだけで、つわりが楽になる。姿勢の癖を直すだけで、切迫早産や腰痛になりにくくなる。熱が出る仕組みを知っておくだけで、子どもの免疫力を高められる。抱っこの仕方ひとつで、子どもの将来が変わります。

難しいことではありません。生きる力が高まっていくと、生きるのが楽しくなっていきます。自分の体を信じられるようになり、自分自身を信じられるようになり、子どもの力も信じられるようになる。

そうなると、子育ては楽しいことの方が断然多い。
母が笑っているだけで、家族は幸せです。

知らないから起きている体調不良や、不安。そういうものを、体の仕組みを知ることで無くしていきませんか?

家族写真


お問合わせ

お問い合わせは
下記フォームよりご連絡ください。

プライバシーポリシー>>